時短ケアに潜む罠?注意したいオールインワンゲルの使用方法を伝授


一度使えばそのお手軽さ、時短のスキンケアの楽さに手放せなくなるのがオールインワン化粧品の魔力。

たったひとつで、化粧水、美容液、乳液、クリーム、今ではパックや日焼け止めまで一本でこなしてしまうから驚きです。

最近では、化粧下地効果まで入った便利なものまであり、どんどん進化を遂げています。

しかし一方でこのような声も多く聞かれます。

  • オールインワンって、便利すぎてどの効果も中途半端なんじゃないの?
  • 悩みが多い私の肌に合うかな?
  • 複雑な混合肌でも大丈夫?

という誰もが使用前に抱く疑問です。

ここではそのような声の疑問の答えとなるオールインワン化粧品の罠・注意点から解消法までをご紹介していきます。

そもそも基礎化粧品のもつ役割をおさらい

基礎化粧品にはそれぞれ個別の役割を担当していて大切な仕事をこなしています。

化粧水の働きは角層に水分を与え肌に潤いをもたらすこと。
また、美容液などをつける場合には、化粧水で肌を保湿しておくことで美容成分の浸透がよくなります。

一方で乳液やクリームなどの油分の多いものは、角層に与えられた水分を逃さないように油膜をつくる効果があります。

同じ保湿目的の化粧品であっても、役目にこれだけの差があり、さらに肌質別に配合する成分の処方が変えられているのです。

基礎化粧品の順番には意味がある!オールインワン化粧品はやはりダメ?

勿論、お肌のコンディションや肌質によって、途中を飛ばしたり量を加減すると思いますが、順序を誤ると、せっかくの基礎化粧品の効果が大きく損なわれてしまうのが基礎化粧品の順番です。

それぞれの役割を知れば当然わかることなのですが、効率的にお肌をケアできないばかりでなく、かえってお肌に悪影響をおよぼしトラブルに発展する可能性もあります。

例えば、洗顔後、いきなりクリームを塗ってしまったら…。
お肌に必要な水分が浸透していないところを、いきなり油分でフタをしてしまうことで、乾燥やニキビなどのトラブルになる場合があります。

スキンケアの基本中の基本ですが、基礎化粧品は、正しい順番を守って使用することが重要なので、オールインワン化粧品はこうした面でもデメリットになりえるといえます。

オールインワンゲルの罠とは?

それぞれの基礎化粧品が持つ効果ごとに比較した場合、オールインワン化粧品は、やはり単体の基礎化粧品を使うことに比べると効果は薄まるでしょう。

例を挙げると、化粧下地の効果を持ったオールインワンゲルの場合で考えてみます。
化粧下地には肌表面の毛穴やキメを目立たなくし、滑らかに整えてファンデーションの肌へのフィット力を高めたり、外的刺激(紫外線、外気、乾燥)から、肌を守る役目や毛穴の余分な脂分を抑えて、化粧崩れを防ぐまた、ファンデーションが毛穴に詰まるのを防いだり、メイクを落とす際に落としやすくしたりするような様々な効果があります。

しかし、それらの効果を出すための成分の中には、肌につけたまま寝てしまうとよくない成分も含まれていることもあるのです。

メイクを落とさない肌トラブルの数々

ファンデーションや化粧下地に含まれる油分や顔の皮脂が酸化し、活性酸素を出して過酸化油脂というお肌に対しての刺激物質に変わります。

また、シミの原因とされているメラニンの発生や、毛穴の黒ずみ、シワなどお肌の老化を進めてしまう原因にもなります。

  • 微生物の温床になったり、顔ダニが繁殖する
  • お肌のターンオーバー(新陳代謝)が阻害される
  • 毛穴が広がる、大人ニキビや吹き出物ができる
  • お肌に炎症が起き、コラーゲンが破壊される

など化粧を落とさず寝るという行為はお肌にとって一番弊害がある事実ということがわかります。

ですから、夜も使えるオールインワン化粧品の場合、それらの成分を省いている分、ファンデーション崩れを起こしやすいなど、下地としての効果は十分に発揮されないこともあるのです。

また、敏感肌やお肌の弱い方は、オールインワン化粧品で肌トラブルが起こりやすくなる場合があります。

これらはオールインワン化粧品の限ったことではありませんが、オールインワン化粧品だと複数の化粧品を合わせているため、製品に配合される成分もその分多くなります。

なので、トラブルになるリスクが高くなるのは必然と言えるでしょう。

知っておきたいオールインワンゲルの使用上の注意点

オールインワン化粧品の中でもとりわけ最もポピュラーなものがオールインワンゲルと呼ばれるゲル状の化粧品でしょう。
このオールインワンゲルも色で特徴を判断することが出来ます。

水溶性のオールインワンゲルの特徴

オールインワン化粧品の中でも透明なオールインワンゲルは主に水溶性成分で作られており、油分が少ないのが特徴です。

油溶性オールインワンゲルの特徴

白っぽく乳化されているオールインワンゲルには微量の油分が配合されています。

ただ、その配合率は、乳液の約10~50%ぐらいで、エモリエントクリームの約20~50%に比べるとかなり少なめです。

※エモリエントクリームとは?
皮膚からの水分蒸散を防止してうるおいを保持し、皮膚を柔軟にするという皮膚生理作用を柔軟にするクリームです。
角層の水分を保ち、皮膚を柔軟に整えるためのクリームで、保湿クリーム、ナイトクリーム、モイスチャークリームなどとよばれることもあります。

どちらも水分を逃さないための油膜効果は低いと言わざるをえないでしょう。
そのため、オールインワンゲルだけのお手入れでは、肌の水分のキープ力が弱く、乾燥小ジワができてしまうことがあります。

オールインワンに油膜効果をプラスするのがベストな使い方!

オールインワンの最大のメリットは一本で全てが完結する手軽さです。

矛盾したことを書きますが、肌の乾燥を防ぐためにはオールインワン化粧品を使った後で、油膜効果のある乳液やクリームをプラスして使うことをおすすめします。

ただ、忙しい日や疲れてしまってスキンケアどころではない日は誰にでもあります。

オールインワンゲルはそうした時間がない日の「飛び道具」として使うのが、一番お肌のためでもあるかもしれません。
その場合も保湿が足りないと感じたら乳液やクリームでしっかりとフタをしてあげることを心がけましょう。

まとめ

便利でお手軽なオールインワン化粧品ですが、メリットの裏には当然デメリット=罠が隠されています。

しかし、デメリットをちゃんと理解してそれらを補足していけばなんらメリットを最小限損ねるだけで、お肌にしっかりと潤いを与える十分なケアになります。

オールインワン化粧品の保湿に不満があったり、使い始めで不安がある方はここで紹介した使い方を参考にしていただけたら幸いです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

もう大丈夫!オールインワンゲルのモロモロ・カスの原因と対処法まとめ

もう大丈夫!オールインワンゲルのモロモロ・カスの原因と対処法まとめ

【保存版】保湿不足を解消するオールインワンゲルの使い方まとめ

【保存版】保湿不足を解消するオールインワンゲルの使い方まとめ

【必見】オールインワンゲルのメリット・デメリットを総まとめでチェック

【必見】オールインワンゲルのメリット・デメリットを総まとめでチェック