一度に化粧水、乳液、美容液、クリームの役割をたったの一本で果たしてくれるオールインワンゲルはお手軽な時短ケアで一度は使ってみた、または今後使ってみたいという方も少なくないでしょう。

そんな便利なオールインワンゲルですが、商品によってはポロポロとカスのような物(モロモロ)がでる場合があります。

そのモロモロのカスが嫌で気に入っていたオールインワンゲルを使わなくなった方もいるぐらいです。

みなみ
メイクの途中でモロモロが出てきて再度スキンケアをやり直す羽目になったり、日中にモロモロが目立ってきたなんて本当に嫌!

ここではオールインワンゲル特有のモロモロのカスの原因と対処法についてご紹介していきます。

オールインワンゲルのモロモロのカスが出る原因

この画像のように、オールインワンゲルのモロモロは、ピーリングのときのような垢として出てくるので、自分の古い角質や汚れなのではないかと思いますよね。

でもそれは違います。

多くのオールインワンゲルに含まれているカルボマーという成分はゲル特有のプルプル感を出すために入っています。

オールインワンゲルを塗ったときに肌と指との摩擦でカルボマーが固まって、ポロポロと出てきてしまうのです。

カルボマーは危険!?その正体は...

カルボマーとは人工的に作られた高分子化合物の一種で、水に溶ける水溶性ポリマーに分類されています。
水に溶かしたカルボマーはジェル状になり、水分を包み込む役割を果たします。

補足

カルボマー自体に毒性は無いとされていますが、長期間使用すると肌に悪影響を与えると言われているのも事実です。
化学的に合成された成分なのでアレルギーを起こす可能性も無いはずですが、実は低刺激で安全な物質だと考えられています。

実際には赤ちゃん用のベビーオイルなどにも含有されている成分なので、人間のお肌に害を与えるものではありません。

みなみ
モロモロが成分的に問題があるとか、肌に悪いとかではないので安心してくださいね。

ただ、ファンデーションを塗るときにモロモロが出てきてしまうと困りますよね。

次にモロモロの対策を考えていきましょう。

オールインワンゲルのモロモロ対処法まとめ

一度に多くの量をつけすぎてしまうと肌に浸透しきれずに余ったゲルが乾燥してしまいます。
それがモロモロの原因となる主な理由です。

ですので、どうしてもモロモロが出て気になる場合、オールインワンゲルをつけるときは少量ずつ塗るようにすれば大丈夫です。
つけたゲルが肌へ浸透したら次のゲルをつけるくらいの感覚でいいでしょう。

こすりすぎると肌と指の摩擦でモロモロが出てくる場合があります。
こすりすぎは肌にも負担がかかるので、手のひらで優しく包み込むように肌へ浸透させてください。

他の化粧品との兼ね合いも原因の1つ

また、注意が必要なのは他の化粧品との反応としてモロモロが出る場合があります。
他の化粧品の成分に反応してモロモロが出てしまうというパターンですね。

この場合はゲルが完全に浸透してからその化粧品を使うようにしましょう。

みなみ
化粧下地が反応してしまう場合は化粧下地の機能が含まれているゲルを使うのも一つの手です。

リキッドファンデーションも注意が必要

またリキッドファンデーションを塗るときにモロモロが出やすい場合が多いようです。

その場合はパウダリーファンデーションに変えてみるのもいいでしょう。

最後に洗顔不足がモロモロの原因になる場合があります。顔の塩分がゲルと反応して、モロモロができてしまうのです。

ゲルを塗る前にはしっかりと洗顔を行って、水分をしっかりと拭き取ってからオールインワンゲルのスキンケアを始めていきましょう。

まとめ

オールインワンゲルの悩みのタネであるモロモロの原因と対策はいかがでしたでしょうか。
モロモロって古い角質や垢ではなく、ピーリングのような効果があると思われていた方も少くはないのではないでしょうか。

せっかく時短で最低限の保湿ケアで満足していたのに、モロモロが頻繁にでていてはオールインワンゲルを使用している意味がありません。

どうしてもモロモロが出てしまうならオールインワンゲルの種類を変えてみるのも1つの手段かもしれません。

今ではゲルのみでなく、コンシダーマルのような美容液タイプのものも数多く販売されています。
オールインワンゲルの便利さを最大限に活かすためにも使い方のみならず、色々と試して自分にベストな一本を発見できれば毎日の充実度がアップするでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう